My Yahoo!に追加 Add to Google

源氏物語 桐壺 桐壺更衣

いずれの御時 (おほんとき) にか、女御・更衣 (にょうご・かうひ) あまたさぶらひけるなかに、いと、やむごとなき際 (きは) にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。

→ どの(帝の)御代であっただろうか、女御や更衣がたくさんお仕え申し上げていらっしゃるなかに、たいそう高貴な家柄ではないが、格別に帝のご寵愛を受けていらっしゃる方があった。

初めより、「我は」 と、思ひ上がりたまへる御方々、めざましきものにおとしめ嫉み (そねみ) たまふ。

→ 初めから、「自分こそは」 と、強く自信を持っていらした女御の方々は、心外で、気に入らない人として、蔑み、嫉妬なさる。

同じほど、それより下掾@(げらふ) の更衣 (かうい) たちは、まして、安からず。

→ 同じ身分(の更衣)や、それより低い身分の更衣たちは、なおさら(心が)穏やかでない。

朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふ積もりにやありけむ、いと、あつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、いよいよ「飽かずあはれなるもの」におぼほして、人のそしりをも、えはばからせたまはず、世の例 (ためし)にもなりぬべき御もてなしなり。 

→ 朝夕の宮仕えにつけても、むやみと他の人(女御や更衣たち)の心を動揺させてばかりいて、恨みを受けることが重なったためであろうか、ひどく病弱になっていって、なんとなく心細そうな様子で里に引きこもりがちであるのを、ますます(帝は)「たまらないほどいじらしい者」とお思いになって、人の非難をも一向気になさらず、世間の悪い前例になってしまいそうなお振る舞いである。

上達部 (かむだちめ)・上人(うへびと) なども、あいなく、目をそばめつつ、「いと、まばゆき、人の御覚えなり。唐土 (もろこし) にも、かかる、ことの起こりにこそ、世も乱れ悪しかりけれ」と、やうやう天 (あめ) の下にも、あぢきなう、人のもて悩みぐさになりて、楊貴妃 (やうきひ) の例(ためし) も引き出 (い)でつべうなりゆくに、いと、はしたなきこと多かれど、かたじけなき御心 (みこころ) ばへの、たぐひなきを頼みにて、交じらひたまふ。

→ 上達部や殿上人なども、わけもなく目をそむけそむけして、「たいそう、見るもまばゆい(ほどの)人(更衣)へのご寵愛の受け方である。中国でも、こうしたことが原因で、世も乱れ、よくないことであったよ。」と、次第に世間一般でも、 (お二人には)気の毒なことながら、人の悩みの種となって、楊貴妃の例までも引き合いに出していくので、(更衣は)ひどく具合の悪いことが多くあるけれども、もったいない(帝の)お気持ちの、世にまたとないことだけを心頼みとして、(他の女性に)交じって宮仕えをお続けになっていらっしゃる。

父の大納言 (だいなごん) は亡くなりて、母北のなむ、いにしへの人の、由 (よし) あるにて、親うち具し、さしあたりて世の覚え花やかなる御方々にも劣らず、何ごとの儀式をも、もてなしたまひけれど、とりたてて、はかばかしき後見 (うしろみ) しなければ、「事」ある時は、なほよりどころなく心細げなり。 

→ (更衣の)父の大納言は亡くなっていて、母北の方は、昔風の由緒のある方であって、両親がそろっていて、現実に世間の信望が華やかである御方々(女御や更衣たち)にも劣らぬよう、(宮中の)どんな儀式に対しても(北の方が)とりはからってこられたが、(更衣には)これといってしっかりとした後見人がいないので、(いざという)大事なときには、やはり頼るところもなく、心細そうである。



※ ruff ruff よりコメント

当時、帝と親戚関係になることは権力を握るために非常に重要でしたので、身分がそれほど高くないばかりか後見人もいない桐壺更衣が帝の純粋な寵愛を受けるということは、社会にとって許しがたく、猛反発されました。
そんな周囲の反発や、ほかの女性たちから受けた嫉妬への心労か、病気になりがちだった桐壺更衣。
これがこの物語の主人公、光源氏の母であります☆

ところで、719年の中国、唐の時代に皇妃である、楊貴妃は、そのあまりの美しさに、皇帝が政治を顧みなくなり、結果、国が乱れて、安史の乱をひきおこしたため、「傾国の美女」と言われます。
ライチを好んで食べたので、中国女性の間では、ライチを食べれば美しくなれるという伝説もあるとか。。。
あなたも試してみますか?




お問い合わせは下記メールフォームをご利用ください★
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。